閲覧者延べ人数721192

ご利用に当たって

本校のサイトポリシーをご確認の上、ご利用ください。
 

学校案内


詳しくはこちら
 

学校自己評価システムシート

こちらより過去5年分が見られます。
 

使用教科書について

こちらより今年度の使用教科書と来年度の使用教科書の選定方針が見られます。
 
携帯用QRコード
緊急情報発信サイト
 
 

PTA理事会の出欠

理事会の出欠をこちらのページから入力してください。
 

校長のことば

校長のことば >> 記事詳細

2017/12/16

第3回学校説明会

Tweet ThisSend to Facebook | by:校長
 皆さん、おはようございます。川口東高校の小出と申します。本日は、大変寒い中第3回学校説明会に、お越しいただきありがとうございます。

 みなさんに、伺いますが、川口東高校の学校説明会に初めて参加されたという方、手を挙げていただけますか? ありがとうございます。初めての方もいらっしゃいますので、少しご紹介しますと、第1回の学校説明会では、私から、「後悔しない高校選び」について話をしました。簡単に言えば、1つの学校だけを見ないで、いろいろな学校を見てください。見るポイントは、教育活動の答えである、生徒です。見比べることで学校の本質が見えてくる。そんな話をしました。

 第2回の学校説明会では、中学生の皆さんに、「どのような生徒に入学して欲しいか」について、目指す生徒像に基づいて話をしました。そして保護者の方に、川口東高校の学校としての姿勢について話をしました。

 そして、今回は、「川口東高校の授業」についてお話しします。本目、お配りしました、学校案内の5ページ「協調学習の取組」をご覧ください。今、日本の教育、授業の在り方は、大きく変わろうとしています。なぜ、変わるのか、それは、こんなところにあります。今、社会は、かつて我々が経験したことのない速度で変化しています。その構造はどんどん複雑になっています。例えば、iPhoneが発売されたのが、10年前です。スマートフォンがこんなに普及すると10年前に誰が想像したでしょうか。そして、10年前にはなかった、スマートフォンのアプリの開発者が、今では人気の職種になっています。なかった仕事が生まれ、あった仕事がなくなっていく。そして、少子高齢化、地球温暖化、エネルギー問題、世界各地で起こっている内戦や格差問題など、我々の周りには、正解のない課題であふれかえっています。このような変化の激しい社会、正解のない課題であふれた社会を、今の子供たちは生き抜いていかなくてはなりません。そして、教育は、そのために必要な資質・能力を子供たちに身に付けさせるように授業を変えていく必要があるのです。

 そこで、川口東高校では、平成24年度から、「協調学習」を活用し、生徒が、主体的に対話を取り入れながら、学び合い、深い理解、深い学びを実現できるような、授業実践に取り組んでいます。ただ、授業の形態を変えれば、すべてOKか、そんなことはありません。授業には、その土台となる生徒と教員の信頼関係がとても重要です。本校の自慢は「生徒」ですが、本校の「売り」は教員の面倒見の良さです。本校の教員は生徒に寄り添い、本当に親身に対応してくれます。そして、主体的・対話的で深い学びを実現する授業に取り組み、これからの子供に必要な資質・能力を身に付けさせることに努力を惜しみません。保護者の皆様の大切な宝であるお子様を、安心して預けていただける教育環境が整っています。

 結びに、中学生の皆さんには、しっかりとした目標と強い気持ちをもって勉強に頑張って欲しいと思います。そして、本校を検討の1つに入れていただければ大変うれしく思います。皆さんを心からお待ちしています。

14:29 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)