閲覧者延べ人数700199

学校案内


詳しくはこちら
 

学校自己評価システムシート

こちらより過去5年分が見られます。
 

使用教科書について

こちらより今年度の使用教科書と来年度の使用教科書の選定方針が見られます。
 
携帯用QRコード
緊急情報発信サイト
 
 

PTA理事会の出欠

理事会の出欠をこちらのページから入力してください。
 

校長のことば

校長のことば >> 記事詳細

2017/11/11

第2回学校説明会

Tweet ThisSend to Facebook | by:校長
 皆さん、おはようございます。川口東高校の小出と申します。本日は、第2回学校説明会に、お越しいただきありがとうございます。

 みなさんに、ちょっと、お聞きしますが、本校以外の学校説明会に行ったことのある方、手をあげてもらえますか? 第1回の学校説明会では、私から、「後悔しない学校選び」について話をしました。よく見比べる、見るポイン卜は、教育活動の答えである、生徒、そうすることで、学校の本質が見えてくる。そんな話をしました。

 そして、今日は、中学生の皆さんに、「どのような生徒に入学して欲しいか」という、話をします。お手元に、学校案内が配布されていると思います。1ページを開けてください。そこに、「目指す生徒像」があげられています。これが、高校生の指針になるもの、つまり、こんな高校生になってもらいたいという学校からのメッセージです。それでは、どうすれば、こういった高校生になり、充実した高校生活を送ることができるのでしょうか。今、日本の高校生の課題として、注目を集めていることは何だか知っていますか?それは、自分に自信を持てないことだそうです。何か1つでも頑張れるものがあれば、それが自信につながり、ほかのことも頑張れるようになります。つまり、何か、自分が高校生になったとき、1つでも頑張れるものを持つ、そのために今できることは、具体的に、高校に入学したらやってみたいことをリストアップしておくといいのではないでしょうか。本をたくさん読むとか、英語で話せるようになるとか、部活動で県大会へいくとか、生徒会に入って文化祭の運営してみよう、とか、何でもいいです。その方がやる気も出て、受験勉強にも前向きに取り組めるのではないかと思います。

 次に、保護者の方に申し上げます。学校とは子供たちにとって、安心で安全であることはもちろんですが、やはり「楽しみながら、力がつく」場所でなければならないと思っています。これからの時代は、我々が、かつて経験したことのない速さで変化していきます。子どもたちは、正解のない、答えを与えられない課題を突き付けられ、それに果敢にチャレンジしていかなくてはなりません。そのためには、自ら選んだことについて、主体的に一生懸命取り組むことによって、様々な事を深く学びながら、充実感をもって過ごして欲しいと思っています。それをサポートするのが本校の教員集団です。本校の教員は、生徒に寄り添い、本当に親身に対応してくれています。そして、主体的・対話的で深い学びを実現する授業に取り組み、これからの子どもに必要な資質・能力を身に付けさせることに努力を惜しみません。お子様を、安心して預けていただける教育環境が整っています。

 結びに、中学生の皆さんには、しっかりとした目標と強い気持ちをもって勉強に頑 張って欲しいと思います。そして、本校を検討の1つに入れていただければ大変うれ しく思います。皆さんを心よりお待ちしています。

12:16 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)