閲覧者延べ人数700193

学校案内


詳しくはこちら
 

学校自己評価システムシート

こちらより過去5年分が見られます。
 

使用教科書について

こちらより今年度の使用教科書と来年度の使用教科書の選定方針が見られます。
 
携帯用QRコード
緊急情報発信サイト
 
 

PTA理事会の出欠

理事会の出欠をこちらのページから入力してください。
 

日誌

今日の川東 >> 記事詳細

2017/10/26

在り方生き方教育講演会

Tweet ThisSend to Facebook | by:y.arai
日本で初めて骨髄バンクを創設した、大谷貴子さんをお招きして”いのちの重み”を考えさせる講演をしていただきました。演題は「生きるってシアワセ!!」です。



この講演を聞いての生徒の感想は、以下のものがありました。
  • 1%という少ない可能性でも諦めないでいれば、成功することもあるということを改めて実感した。今の自分は「普通に生きていること」を忘れず、日本には普通じゃない人もいることを忘れず、今後に生かしていきたい。(男子)
  • 「生きる」ってすごいことだなとか、病気になったことはないけど話を聞いて、「生きる」って幸せなことだと思いました。自殺などが減りませんが、少しでも減ってほしいですし、そんな人が近くにいたら助けてあげたいと思いました。(女子)
命の尊さについて十分に感じることのできる講演でした。大谷さんは最後に、父からの言葉である「あいきゃん(I can)」で締めくくり、「自分ができることをやるように」と生徒にメッセージを送りました。そのためには、健康でいることがとても大切ともおっしゃっていました。大谷さん、本日はありがとうございました。
16:47 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0)